医療・医薬品の冷却輸送に必要なドライアイスの生産

ドライアイス生産の最適化

温度変化に繊細な医療・医薬品を、ドライアイスによる冷却輸送で品質保持。

 

医薬品・ワクチン・生物学的サンプル・その他の医療品は、製造時から適用時まで、適切な温度範囲で保管することが重要です。

ドライアイスは約-80℃で、ゆっくりとガスに昇華し水や残留物などが残りません。そのため医療・医薬品の輸送においても冷却対象物に影響はなく、安定した温度で冷却をすることが可能になります。

• Dry ice for medical shipments
コールドチェーン管理用ドライアイス製造
コールドチェーン管理用ドライアイス製造
dry ice production machine icetech series
コールドチェーン管理用ドライアイス製造
コールドチェーン管理用ドライアイス製造
コールドチェーン管理用ドライアイス製造
コールドチェーン管理用ドライアイス製造

Industry:

アプリケーション


専門的な導入例

ドライアイスによる医療・医薬品の輸送例

  • 医療・医薬品
  • 生物学的サンプル
  • ワクチン
  • 実験用の試験検体

関連のある業界:

 

ワクチン輸送・保管冷却に使用されるドライアイス

世界に供給されているコロナワクチンには、-70°C (±10°C)の低温での保管が必須条件のものがあります。そこで問題になるのがワクチンの流通方法。低温を保ったまま輸送・保存冷却をどう行うのかが最大の課題点となっています。現在の冷蔵輸送基盤(インフラストラクチャ)とサプライチェーンでは低温での配送に対応することが難しく、物流業界では「超低温コールドチェーン(超低温での輸送)」という計画が立てられております。

この計画を進めるにあたり、必要不可欠なのがドライアイス。ワクチン輸送中、また各地配送拠点にて一定の低温を保つことが可能になります。ドライアイスは固形二酸化炭素であり、二次廃棄物や残留物を残さずに昇華してしまうため、ワクチン輸送には最適な冷蔵媒体なのです。温度管理を最適化するには、ドライアイス量と保冷方法がカギとなります。
ワクチン輸送には10㎜ドライアイスナゲットの使用が推奨されており、特殊な冷却方法をすることで最適化することができます。

Cold Jetのペレタイザー(設置型)Dry Ice Production Hub(10フィートコンテナ内で移動可能型)はニーズに合わせた生産ができ、最適化されたドライアイス供給が可能となります。このようなソリューション提供は、Cold Jetだからこそできるサービスです。

ワクチン輸送に使用するドライアイスについてはこちら


ドライアイス生産における利点

ドライアイスは一定の温度を保ち、より長く安定した冷却輸送が可能

ドライアイスは約-80℃という冷却力で、長く安定した冷却輸送が可能になります。また、輸送に対しての柔軟性も高く、冷却対象物に合わせてドライアイスの量・サイズ・形状などを調整することが出来ます。それにより、過不足のない冷却をすることが出来るため、結果コストの削減にもつながります。

 

  • 低温を保ち、製品寿命をより長く3~5日間は一定の温度を保つ
  • 輸送価格の削減用途に合わせた必要なドライアイスを生産
  • 水氷の3倍にもなる冷却力
  • 対象物を氷点下の温度で輸送できる、唯一の冷却媒体
  • 地球環境を考慮水、残留物、二次廃棄物を発生させない
  • 無味、無臭、無色、無害
  • 必要なドライアイス量と形状に合わせて生産余分なドライアイス生産をなくし、必要な冷却を最適化
  • コストを抑え、オペレーションを効率化ドライアイスの輸送・保管コストを排除

お気軽にお問合せください。

ドライアイスによる輸送について、ご質問はありますか?

医療・医薬品を適切な温度で冷却輸送するには、ドライアイスが必要になります。現地でのドライアイス生産等にご興味がある方はお問合せください。

  • お問合せ内容の詳細をご記載ください。 (ご希望の資料や製品名、または洗浄対象物の詳細など)
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。