世界の事業所 | myColdJet ログイン
ヘルプ:    表示言語: 日本語 | 言語の変更:

ゴム産業

成形型を分解または冷却することなくその場で洗浄


貴社のニーズをお聞かせください。

参照

  • GoodYear
  • Tenneco
  • Vernay
  • Freudenberg
  • Parker Hannifin

関連トピック

産業リンク


付着物は、ゴム成形における最大の問題です。 硬化した材料や離型剤が蓄積すると、成形型のべたつきや最終部品の欠陥、不要なバリの原因となり、製品が使い物にならないものになってしまい、結果的に洗浄のためラインを停止することになります。 手作業での削り落とし作業やガラス ビーズ ブラストといった従来の洗浄手法は時間がかかるだけでなく非効率的で、成形型の損傷にもつながり、また人件費や材料費もかさみます。

Cold Jet ドライアイス技術を使えば、大掛かりな分解や冷却作業なしでその場での洗浄が可能です。 また、ドライアイス洗浄システムは再生 CO2 を使用した非摩耗性の洗浄媒体を使用しているため、成形型を傷つけることがありません。 Cold Jet ドライアイス洗浄なら、ゴム成形の稼働時間を延長して生産性を向上させることができます。

+  詳細情報
–  詳細情報を閉じる 

成形型の取り外しと再設置には、機器を磨耗させる可能性やプレスからの取り外し作業中に機器を損傷するリスクが伴います。 Cold Jet ドライアイス ブラストは、成形型と機器の損傷原因となる多くの問題を解消します。

タイヤ メーカーは、Cold Jet ドライアイス ブラスト技術の使用によって、大きな利益を得ています。各社は施設単位の生産コストを年間約 100 万ドル削減し、プレス中の洗浄によりプレス停止時間を 300% 短縮させ、年間生産量を増加させ、ミクロ通気孔をハンドドリルする必要性を除去し、欠陥ニア ゼロレベルを達成し、機器損傷を削減して、側面レタリング再施工の必要性を除去しました。

ゴム産業における Cold Jet ドライアイス ブラスト洗浄のメリット:

  • 稼働中の洗浄が可能で、冷却が不要
  • 生産停止時間の低減
  • スクラップの低減: 洗浄を後回しにしないことで製品欠陥を削減
  • 研磨剤を使用しない洗浄方法
  • 従来の洗浄方法に比べ、衝撃による破損や成形型の腐食を低減
  • 生産時間を 25~50% 増加*
  • 洗浄にかかる時間と人件費を最大 75% 削減*
  • 二次洗浄を必要としない環境に配慮した洗浄

* 結果は状況により異なります

ゴム産業で実証済みの Cold Jet ドライアイス ブラストの適用:

  • 射出成形型
  • 圧縮成形型
  • タイヤ成形型
  • ブロー成形
  • メタル ボンド成形
  • リフト プレス
  • チルトバック プレス