世界の事業所 | myColdJet ログイン
ヘルプ:    表示言語: 日本語 | 言語の変更:

印刷産業

オンライン精密洗浄により処理時間とダウンタイムを短縮



印刷機に蓄積したインクや油は、アラインメントの問題を引き起こし、これがスクラップ率の増加につながります。 さらに、通気口が詰まったり、その他部品に物質が蓄積すると、印刷速度が低下してしまいます。 削り落としや化学洗浄剤を使った拭き取りなど、これらの蓄積物を除去するための従来の洗浄方法は、生産停止期間を回避するため、できる限り後回しにされることになります。 Cold Jet の洗浄プロセスなら、従来の洗浄手法で必要となる時間のうち、ほんのわずかな時間で安全かつ効率的なオンライン洗浄が完了します。

通常の洗浄処理においては、手による削り落とし作業の場合、機器 1 台につき 20 時間から 30 時間の労力が必要となります。 Cold Jet ドライアイス ブラストを使用した場合、同じ機種を 2 時間以内で洗浄できました。 このスピードと効率性があれば、洗浄のために次の停止時間を待つ必要はありません。 業務の合間にコスト効率の高い方法で印刷機の洗浄を行うことができ、これが生産性の向上につながります。

Cold Jet ドライアイス ブラストは、危険な溶剤やスクレーパ、のみ、布やすりに代わる洗浄方法で、印刷機を解体する必要はありません。その結果、停止時間、質の低い印刷物、スクラップ、機械部品の磨耗、危険廃棄物と溶剤など多くの直接および間接コストを削減できます。

+  詳細情報
–  詳細情報を閉じる 

多くの印刷工場では、決定的に必要になるまで側枠や印刷デッキ装置の洗浄を行いません。 通常、重要な表面をカラーステーションごとに削り、拭くためには数時間の作業時間が必要です。 今日の 6 色から 8 色の多色デッキを持つ最新プレスの場合、洗浄を行うたびにすぐに数千ドルの生産量に値する停止時間が発生してしまいます。 しかし、Cold Jet ドライアイス ブラストを使えば、シリンダを取り外してすべての表面にアクセスできるようになるため、デッキの両側を 10 分から 20 分で洗浄でき、すぐに業務を再開できます。 さらに、乾燥した滴受やインク溜めも簡単に洗浄できます。

高速で液体インク印刷を行うと、細かい液滴による「インクミスト」が発生します。これはインクが印刷プレートから基板に移動する際に発生します。 このような液滴は「カラー ドライヤ ボックスの間」に付着し、空気孔やノズルを塞ぎます。その結果、通気が悪く、不安定になり、乾燥機能に支障が出てきます。 通気の悪化を補うために、プレス スピードが低下し、たちまち生産減と質の低下を招くことになります。 Cold Jet ドライアイス ブラストは、洗浄処理をスピードアップするだけでなく、洗浄度も高めます。

印刷産業における Cold Jet ドライアイス ブラスト洗浄のメリット:

  • 研磨剤を使用しない処理
  • 廃棄率の低減
  • 二次廃棄物の排除
  • 停止時間の削減
  • 人件費の削減
  • その場で機械を洗浄可能
  • 環境に配慮した洗浄

印刷産業で実証済みの Cold Jet ドライアイス ブラストの適用:

  • グリッパ/ローラー
  • ドラム
  • インク トレイ
  • ギアおよびデッキ ガイド
  • 側壁
  • フィーダ/供給装置
  • 活版印刷機
  • フレキソ印刷機
  • グラビア印刷機