世界の事業所 | myColdJet ログイン
ヘルプ:    表示言語: 日本語 | 言語の変更:

パッケージング産業

生産停止時間の低減


貴社のニーズをお聞かせください。

参照:

  • Tenneco
  • Trinity Packaging
  • Frito Lay

産業リンク


パッケージング用段ボール箱の印刷には、多くの場合ワックスまたは粘土ベースの塗料が使用されています。この塗料はコンベヤ ローラーに付着し、これが蓄積すると生産に支障が及びます。 従来のコンベヤ洗浄方法では、4 日から 10 日ごとにコンベヤを完全に解体し、溶剤とブラシを使用して手作業で塗料をこすり落としていました。 Cold Jet ドライアイス ブラストを使用すれば、コンベヤを解体せず、ローラーに蓄積したワックスや粘土を完全に洗浄できるため、不稼動時間の削減と、製造ラインの生産性向上が実現します。

また、Cold Jet ドライアイス ブラストでは、ベルトに蓄積した接着剤も損傷を与えたり磨耗させたりせずに除去できるため、パッケージング作業過程でドライブ ベルトを交換するためのコストと不稼動時間を排除できます。 インクジェットによる塗布プロセス中に過剰にスプレーされたインクも、ドライアイスを使用して簡単に除去できるため、解体やラインの停止を行う必要はありません。

+  詳細情報
–  詳細情報を閉じる 

Cold Jet ドライアイス ブラストは、パッケージング作業過程でドライブ ベルトを交換するコストとともに、ベルト交換に必要な不稼動時間も削減しました。 Cold Jet 処理では、ベルトに蓄積した接着剤を損傷を与えたり磨耗させたりせずに簡単に除去できます。

すべてのパッケージ飲料容器には、輸送および追跡記録用のインクジェット コードが貼付されています。 大半のインクジェット処理と同様に、隣接する機械、コンベヤ、ベルト ドライブ、電子機器にスプレーされたインクが付着します。 その結果、インクが製品外装に再び付着し、製品は汚れて出荷できないものになってしまいます。 Cold Jet ドライアイス ブラスト処理では、スプレーされたインクをスムーズに除去するため、解体やラインの停止を行う必要はありません。

パッケージング産業における Cold Jet ドライアイス ブラスト洗浄のメリット:

  • 洗浄時間の短縮
  • 二次廃棄物の排除
  • 水道代および衛生費の削減
  • 作動中に洗浄可能
  • 装置に損傷を与えない、研磨剤を使用しない処理
  • 再潤滑が不要
  • 生産停止時間の低減
  • 環境に配慮した処理

**注: 食品用途レベルのドライアイスは FDA によって認証されており、ドライアイス洗浄は AIB 検査に合格した施設で効果的に使用されています。

パッケージング産業で実証済みの Cold Jet ドライアイス ブラストの適用:

  • スライサーおよび分割機
  • 電機部品およびモーター
  • ラジアル フィーダー (イシダ計量)
  • パッキング テーブル
  • ラベラーおよびグルアー
  • オーブン
  • コンベヤ
  • ミキサー
  • 袋詰め機
  • パレタイザー
  • 生パン発酵器グリッド
  • 食品用流し型