世界の事業所 | myColdJet ログイン
ヘルプ:    表示言語: 日本語 | 言語の変更:

ドライアイス ブラスト システムを比較する方法

Cold Jet ドライアイス ブラスト システムは、5 つの簡単なステップで他のシステムと比較できます。 他社製品を購入される前に、ぜひ Cold Jet のソリューションと比較してみてください。 Cold Jet システムは、テストを行う目的でレンタルできます。

1. ドライアイス ブラスト洗浄テストのセットアップ:

  • すべてのテストでお手持ちの給気装置をご利用ください。 どのようなシステムを購入される場合でも、特定のドライアイス ブラスト洗浄の用途に必要な給気装置を所有されているかどうかを事前に確認することが重要となります。
  • 比較するシステムは、同一の給気接合点に接続してください。 2 つのブラスト システムを同じ条件の給気源に接続し、装置がフリーズしないことを確認するために十分な時間、テストを実施する最良の方法は、単純にそれぞれのブラスト機械を順に同じ接合点に接続してブラスト サンプルを洗浄することです。

2. ドライアイス ホッパー フィードの信頼性のテスト:

  • ホッパーの設計が良くないと、ブリッジやクランプ、フィード ポートに詰まりが発生し、棒を使ってドライアイスを砕く必要が生じます。 これは時間の係る面倒な作業であるばかりでなく、ブラスト システム自体に不要な損傷を引き起こすこともあります。
  • ホッパーの設計が劣悪であることは、新しいペレットを少量使用しただけでは発見できません。ホッパーをペレットで完全に満たした後、10~15 分システムを放置してからブラストを開始することで、ホッパーの設計に重大な欠陥があることが発見できる可能性が高くなります。

3. 洗浄性能とドライアイス消費量のテスト:

  • テスト洗浄用に複数のサンプルまたは重要な部品を用意してください。汚れがひどければひどいほどテストに適しています。 それぞれのシステムで類似したテスト サンプルを使用し、同程度のサイズの部分をテストします。 その際、ブラスト時間を記録するためにストップウォッチが必要となります。
  • システムの使用ではドライアイス ペレットが消費されるため、ブラスト システムの初期コストを検討する際は、継続的なドライアイスのコストと人件費を考慮することが重要です。 それには、どちらのブラスト システムで、より短時間で洗浄を完了できるか、また、最適なブラスト性能でどのくらいのドライアイスが消費されるかを判断する必要があります。

4. 使用可能なノズルと付属品の評価:

  • スペースが限られた環境にある部品もテストして、適切なブラスト アプリケータが洗浄で使用できるかどうかを確認する必要があります。
  • 「何にでも使用できる」といわれる万能機械では、わずか数種類の汎用ノズルしか付属していないのが普通です。 つまり、万能なソリューションなどというものは存在しないとお考えいただくのが良いかと思われます。

5. お使いのシステムのメーカーを評価:

次のような点について確認することが重要です。
  • 会社はいつ設立されたのか。
  • いつ頃からドライアイス ブラスト装置を製造しているのか。
  • 何人ぐらいの技術者がドライアイス ブラスト技術に携わっているのか。
  • 世界各地で製品が販売され、カスタマ サポートが受けられるのか。