世界の事業所 | myColdJet ログイン
ヘルプ:    表示言語: 日本語 | 言語の変更:

ドライアイス ブラスト: 現在の洗浄プロセスとの比較

ドライアイス ブラストは、媒体ブラスト、洗浄剤、水、蒸気、手作業での洗浄、化学薬品、研磨剤に代わる優れた洗浄技術です。

御社が携わる業界での、ドライアイス ブラスト技術の用途をご覧ください »

増大するダウンタイム、二次廃棄物処理のコスト、装置の消耗摩損のコストが大きな負担であると感じられる場合は、現在の洗浄プロセスを評価するとともに、Cold Jet のドライアイス ブラスト プロセスを比較検討してみてください。

Cold Jet ドライアイス ブラストは、最も伝統的な表面処理および洗浄の方法と比較して、環境、従業員、および装置に対する負荷の少ない代替手法の 1 つです。 お客様の現在の洗浄プロセスと、ドライアイス ブラスト洗浄プロセスを比較し、Cold Jet による生産性の向上、廃棄物の減少、およびコストの削減を通じて、お客様のビジネスに付加される価値をご確認ください。

洗浄方法 二次廃棄物 電導性 研磨材 毒性 有効性
ドライアイス いいえ いいえ いいえ いいえ 極めて優秀
サンド ブラスト はい いいえ はい * 優秀
ソーダ ブラスト はい いいえ はい * 優秀
ウォーター ブラスト はい はい いいえ *
溶剤/化学薬品 はい 非適用 いいえ はい 限定的
動力ツール いいえ 非適用 はい 非適用 限定的
手動ツール いいえ 非適用 はい 非適用 限定的

* 伝統的なブラスト素材は、危険物質を洗浄する場合に接触して汚染されます。 これにより、こうしたブラスト素材も有毒廃棄物として分類され、適切かつ安全な廃棄処理が要求されます。

ドライアイス ブラストが優れている主な 10 の理由

  1. 優れた洗浄力: 洗浄サイクル数の減少 = ダウンタイムの減少
  2. 機械をその場で洗浄できます: ドライアイス ブラストはドライ プロセスであり、分解/再組み立てを必要としないので、ダウンタイムが非常に短くなります
  3. 高速での洗浄: 低リソース = より長い稼働時間 = より高い利益
  4. 研磨剤は含まず、燃性および電導性を持ちません: ドライアイス ブラストは、大半の基材でそれを破損することがなく、電気部品に対して安全に使用できます
  5. 二次洗浄が不要: これにより、洗浄の労力と経費が節約されるだけでなく、おそらく一時隔離領域の再使用が可能になるために、さらにコストを節約できます
  6. 他の多くの手法では難しい狭い領域で作業できます
  7. 環境に優しい: USDA、FDA、および EPA のガイドラインに適合します
  8. 作業員の安全性: 化学薬品またはグリット媒体による危険性が存在しません
  9. 作業員の効率性: 伝統的な洗浄方法ほど労働集約的ではありません
  10. 食品業界で使用可能な安全レベルで、且つ他の業界にも使用できる強力な洗浄力

* 強力とはいえ、ドライアイスは非研磨の洗浄方法です。詳細はこちら: ドライアイス ブラストとは何ですか?

ドライアイス ブラストと他の洗浄方法の比較:

研磨ブラスト

最も一般的な研磨洗浄では、サンドブラストが挙げられます。 締め切られた空間での洗浄ではないケースがほとんどで、有毒性のメディアが飛散することが多いです。 また、メディアが飛散することで、他の部品や機械に入り込み、摩耗により寿命が劇的に短くなります。

Cold Jet ドライアイス ブラストは、表面を摩耗せず、二次廃棄物のない洗浄方法です。 また、Cold Jet 製品を洗浄場所まで移動して、その場で使用できるため、リスクが大きく時間のかかる資材運搬が不要です。対象物の磨耗や、洗浄後の処理、洗浄の容易さを考慮される場合、Cold Jetでの洗浄が向いています。

サンドブラストとドライアイス ブラストの比較:

ソーダ ブラスト

ソーダ ブラストは、一般的に有効な洗浄方法です。ただしソーダ ブラストでは、大量の二次廃棄物が発生します。多くの場合は、洗浄にかかる時間と同じ時間を回収に要し、もし二倍かからなかったとしても、多大な時間が必要になります。 また、二次廃棄物および残留物は、木材や洗浄後の対象物に再度付着することがあります。

Cold Jet のドライアイス洗浄は、対象物によってはソーダ ブラストが勝りますが、処理が必要な二次廃棄物を発生させません。 また、ソーダ ブラストによって発生する汚染物の PH レベルについて、問題提起もされております。 Cold Jet では、関連する二次廃棄物が残らないので、全体的なプロジェクト時間の短縮ができ、と二次的な問題を懸念する必要がありません。

(超) 高圧ウォーター ブラスト

ウォーター ブラストは、最も速い洗浄方法の 1 つですが、その用途は限定されています。 たとえば、塗装前表面処理やコーティング等の対象物には不向きであり、水を使用することで錆が生じることも考えられます。さらに、自動溶接ライン、プレス、自動車、工作機械を含む生産設備に対してウォーター ブラストを使用すると、重大な電気的問題が生じる恐れがあります。 水を使用したことで、モーターが焼き付けを起こすことが多く報告されています。

Cold Jet ドライアイス ブラストは、さまざまな素材や電気機器、または電気機器の近辺でも使用できます。 ドライアイスはブラストと同時に昇華するので、洗浄直後も乾燥した状態が維持されます。 ドライアイスブラストは二次廃棄物 (廃水など)を発生させないので、洗浄後の処理時間も最小限に抑えられます。

溶剤洗浄

大半の溶剤洗浄プロセスでは、環境および従業員の安全性を害する物質を伴います。 不要な表面物質を溶かすために溶剤を使用した場合、以降に溶解した物質を取り除くための水による洗浄、すすぎ、手工具による処理が頻繁に要求されます。 また、溶剤洗浄に先立って、影響を受けやすい装置の部分を保護するために、装置の分解や広範な準備が必要になることも少なくありません。 また、溶剤の管理と廃棄は、企業にとってコストのかかる問題です。

Cold Jet ドライアイス ブラストは、1度の工程で汚れを除去することが可能です。 また、溶剤洗浄は複雑な形状のものが洗浄できる特性がありますが、Cold Jet ドライアイス ブラストでも同じように複雑な形状を持つ、多数の物体を同時に洗浄できます。 それに加え、ドライアイスはブラスト後に昇華するため、部品や機械の分解・組立を行なわずに、安全かつ徹底した洗浄がその場で行なえます。

動力ツールによる洗浄

動力ツールによる洗浄は、均一で単純な形状に対する高速なソリューションですが、表面の破損または磨耗が生じることがあります。

Cold Jet ドライアイス ブラストでは、高額な金型およびその他の製造ツールに対し「磨耗」させず洗浄が行なえます。それに加え、容易に洗浄が行なえることで洗浄頻度を増加することができる等の理由から、動力ツールによる洗浄に代わるドライアイス ブラストが急速に普及されています。

ハンドツール洗浄

より早く、簡単に洗浄を行なうため機械が導入されますが、人の手によって洗浄を行なう場合もあり所定のツールを用いて洗浄することで、装置の破損につながるケースも少なくありませ ん。

Cold Jet ドライアイス ブラストは、こうした「簡単な」作業に適したツールです。 訓練された従業員が特殊なノズルを使用し、その他のさまざまな条件に従うことで、Cold Jet ドライアイス ブラスト洗浄プロセスでは洗浄に必要な労働時間が 10~20 分の 1 になります。

貴社のニーズをお聞かせください。

Cold Jet からの連絡をご希望の場合は、お問い合わせフォームに入力してください。