世界の事業所 | myColdJet ログイン
ヘルプ:    表示言語: 日本語 | 言語の変更:

プラスチック産業

生産性を向上、製品の質を改善



金型キャビティとベントをきれいな状態に保つのは、今日の高品質基準を維持するうえで重要な懸念事項となっています。 樹脂添加剤オフガスや離型剤の使用により発生する不要な残留物が表面に蓄積することで、欠陥品 、品質の劣化、機器への損傷など、さまざまな問題が発生します。 ベントの詰まりによる製品のバリ、焼け、ショートショットもまた、プラスチック産業における大きな問題のひとつです。

従来、この洗浄には化学薬品やハンドツールを使用した、手間のかかる非効率的な洗浄方法が用いられてきました。 研磨剤を使用しない、環境に配慮したCold Jet の代替洗浄プロセスなら、僅かな時間で金型と製品を洗浄できるため、メンテナンスサイクルが向上します。 さらに、水や化学薬品を使用せず、金型を稼動温度のままその場で洗浄でき、しかも二次廃棄物が発生しません。

+  詳細情報
–  詳細情報を閉じる 

Cold Jet ドライアイス ブラストは、鋳型が高温で稼動中でも、ボトルの欠陥 (みかん肌) となるワックス状のパラフィン付着物を除去します。

自家用車やワゴン車の消音用ウレタンフォーム製品メーカーは、鋳型にイソシアン酸塩やワックス離型剤を塗装します。 離型剤の蓄積は最終的に「ノックアウト」問題の原因となり、ひどい場合には、ワックス離型剤がウレタンフォーム製品内に閉じ込められ、製品を使い物にならないものにします。

Cold Jet ドライアイス ブラストを使用すれば、鋳型は 15 分から 20 分で洗浄でき、キャビティも徹底して洗浄できます。これは従来の方法に比べると、20 倍の数の鋳型を洗浄できることになります。 生産稼働時間は 100 時間から 120 時間まで増加し、保守担当者は他の業務に時間を費やすことができます。

Cold Jet ドライアイス ブラストを使用すれば、吹込み成形および射出成形キャビティ全体を完璧に、また効果的に洗浄できます。 大手の吹込み成形ボトル製造業者の多くが、ドライアイス ブラスト システムを使用して鋳型を高温のまま、その場で洗浄することにより、日々の鋳型洗浄時間を約 80% まで短縮できることを知るようになりました。 以前は手作業で洗浄する必要があった吹込み鋳型の表面の後部 3 分の 1 および試験管型のスラグを製造するためのディープ キャビティ射出鋳型も、今日では、ドライアイス ブラスト法で洗浄されています。

プラスチック産業における Cold Jet ドライアイス ブラスト洗浄のメリット:

  • 製品品質が向上
  • スクラップを削減
  • 生産停止時間を低減
  • 洗浄時間および労働コストの削減
  • 分解せず、その場で洗浄可能
  • 研磨剤不使用のため鋳型に傷がつきません
  • 二次廃棄物の排除
  • 環境に配慮した洗浄を実現

プラスチック産業で実証済みの Cold Jet ドライアイス ブラストの適用:

一般的な鋳型およびツールの洗浄

  • 射出鋳型
  • 圧縮鋳型
  • 吹込み鋳型
  • ウレタン鋳型およびオーバースピル
  • プレート アウトガスおよびオフガス
  • 型押し鋳型およびエンボス冷却ロール
  • 熱成形鋳型
  • 押出金型
  • プラスチック射出スクリュー

製品の仕上げ

  • 平滑化
  • 機械加工部品のデバリング